2019年12月05日

第2回成年後見学習会を開催しました。

20191202_133955.jpg
令和元年12月2日(月)14時から16時、豊川商工会議所第1、第2会議室にて、平成31年度 豊川市市民協働推進事業 補助金事業として、認定NPO法人東三河後見センターと社会福祉法人美竹会が協働して事業を進めている、『権利擁護支援(成年後見制度)の普及・啓発と多職種連携によるネットワーク構築プロジェクト事業』の最後の催しとなる、第2回成年後見学習会を開催しました。天候がよくありませんでしたが、39名の参加がありました。
最後の催しとなりましたので、最初に社会福祉法人 美竹会の天野さんより開講の挨拶をいただきました。
20191202_140120.jpg
もっともっとこの制度のことが知れ渡るよう努力をしていくことの必要性を述べていただきました。
20191202_134003.jpg
今回は、第1回学習会で権利擁護支援の必要性について検討したのち、成年後見制度を利用することになったというストーリに基づき、対象のAさんには成年後見人が就任したということからスタートしました。さて、成年後見人って何者?「身上保護?」、「財産管理?」どんな支援を受けることができるのでしょか?ということをテーマに、実際に活動している、市民後見人の活動事例などを紹介し、
20191202_141125.jpg
(事例の紹介 市民後見人の古川さん)
実際の活動内容について、6グループに分かれてグループワークを中心に皆さんといっしょに考えて見ました。どのグループも、具体的な話、意見の交流ができたようです。
20191202_143500.jpg

第2回学習会のアンケート以下に報告します。※26名回答/29名回収


(1)あなた自身について(いずれか1つを選択してチェックしてください)

@年代について
□20代 3名  □30代 4名  □40代 4名
□50代 7名  □60代 7名  □70代以上 1名

A性別について  
□男性 8名  □女性  17名
B職場(所属)について
□介護(高齢者)福祉関係  15名 □障がい福祉関係 4名  □医療関係 1名
□行政機関関係  0名 □社会福祉協議会  3名(包括含む) □成年後見センター  3名
□無職  3名  □民生児童委員  2名
□その他  福祉用具専門相談員、宅建士、社会福祉士事務所福土(ふうど)

C保有資格について
□弁護士  0名 □社会福祉士 9名  □介護福祉士 10名  □精神保健福祉士 2名
□司法書士 0名 □行政書士  0名  □医師     0名  □看護師     2名
□介護支援専門員  10名  □社会保険労務士  0名
□その他   社会福祉主事




(2)該当する数字に〇をつけてください。

@学習会の内容について              A学習会のグループワークについて
4:大変満足  19名               4:大変満足     20名
3:やや満足   7名               3:やや満足      6名
2:やや不満足                   2:やや不満足 
1:不満足                     1:不満足   
            
 3)学習会のご感想(自由記述)

*少しもやっとしていた成年後見制度が、少しわかった気がしました。
*金銭面も含めていろいろ細かい点を聞くことが出来たし、質問することができて大変参考になった。
*思っていることを自由に話すことができ良かったと思う。まだまだ成年後見制度の内容が判らない点がたくさんあることを感じた。
*訪問看護をしています。後見人の方とお会いする事があります。これからも勉強していきます。
*グループ員が多様で勉強になりました。
*いろいろな立場からのお話を聞けて勉強になりました。
*自由に意見交換ができて、とても良かったと思います。後見に不慣れな方も入りやすかったと思います。
*フリートークの様でおもしろかったです。
*成年後見について理解が深まりました。さまざまな福祉関係者の意見が参考になりました。大変さも感じました。
20191202_145444.jpg
*制度的なことだけでなく、現場で実際に困ることや、どう対応しているかを聞けたのがよかったです。分かりやすく教えていただきありがとうございます。
*成年後見制度へのむすぶ窓口が見つかり参考になる。
*身上保護を後見人がどこまでやっていくのか考えてやっていく必要がある。金銭面の制限もある制度(介護保険等)の利用との兼ね合いを考えないといけない。包括支援センターの方から後見につなげていくにはどうしたら良いのかとの話があった。
*今回初めての参加でした。後見人さんはどこまでできるか教えていただくことができて参考になりました。グレーな部分や法律的に、むずかしかったり、大変な仕事だと感じました。
*具体例で分かりやすかったです。意見をだしあうことで、なるほどと納得する理由を教えてもらえました。
*後見センターに相談に出向く事は家族にとって敷居が高いようで、なかなか話が進みません。ケアマネからセンターに相談すると、自宅に訪問してくださること分かり、心強く感じました。
*介護保険と違って大まかで、難しいと感じた。後見人自身もボランティア精神で色々やってしまうと後々大変になるし、後見人の担い手が増えないと思った。後見人へのつなげ方、紹介の仕方が迷います。
*市民後見人さんの生の声がきけてとてもよかったです。
*医療同意のことは、現場に即した制度の課題や実際等が共有することができ、とても参考になりました。
*実際に後見人をされている方からの話が聞けたので貴重な時間でした。
*初めて参加させていただき、知らない事ばかりでとても勉強になりました。
20191202_145510.jpg

(4)その他、ご意見等(今後学習したい内容等)
*後見人の実務
*皆さん後見人の方がすばらし方で尊敬します。
*実際の事例を出して話し合うのが良いと思います。
*今後、この類の制度が必要となり、勉強が必要になると思います。宜しくお願いします。
*包括支援センター、施設の職員の方の状況を聞くことができよかった。
*事例を通してのグループワークが分かりやすい。
*本当にありがとうございました。今後も連携をよろしくお願い致します。
*実際に制度を利用している人はどんな支援を受けているのか、後見人が知っている範囲で知りたい。

20191202_155804.jpg
最後の挨拶は当法人代表の長谷川さんがしました。司法と福祉の連携、後見の実務をしながらご本人の生活に関わるむつかしさ、答えのでない、ひとりひとりの生活への支援の魅力も含めてまとめていただきました。

8月31日のフォーラムからスタートし、第1回成年後見学習会、第2回成年後見学習会と、約半年の企画にご参加いただいたみなさんありがとうございました。そして、この、権利擁護支援(成年後見制度)の普及・啓発と多職種連携によるネットワーク構築プロジェクト事業の企画、運営にご協力いただいた講師及びみなさまありがとうございました。

posted by 事務局長 at 17:44| Comment(0) | 日記

2019年10月04日

第1回成年後見学習会を開催しました!

 令和元年10月3日、平成31年度 豊川市市民協働推進事業 補助金事業として、当法人と社会福祉法人 美竹会 さんとの協働事業である、
20191003_134502.jpg
「権利擁護支援(成年後見制度)の普及・啓発と多職種連携によるネットワーク構築事業」の第2弾として、第1回成年後見学習会を豊川商工会議所1階、第1、第2会議室にて開催しました。
 8月31日に開催した成年後見フォーラムでのアナウンスと、会報、障がい者関係、高齢者関係への広報により、企画者が予定していた以上に申込者が殺到しました。
20191003_140230.jpg
当初20名ぐらい(身内が中心)を見込んでいまいしたが、協働先の美竹会さんや、障がい、高齢者の事業所関係者、一般の方を含む30名の参加がありました。
 企画者としては準備不足の感が歪めませんが、権利擁護支援の入口について理解が図られたならよっかたなと思っています。今回は、「成年後見制度の申し立てをするには」をテーマに、最初のワークで対象となったAさんの今置かれている状況を汲み取っていただきました。
20191003_144508.jpg
そのうえでAさんには成年後見制度が必要かしら?必要だとしたら・・・。どんな準備がいるの?関係者からは何を聞いたらいいのかしら?と言った疑問などにお答えできるよう、グループワーク等を中心に実施してみました。4グループを予定し、多くても25名と見込んでいまいしたが、6グループできあがり、グループワークは大変盛り上がっていました。
20191003_144513.jpg
進行役の僕としてもみなさま方からエネルギーをいだだきました。20名の方がアンケート調査にご協力いただきましたので、このブログでお知らせします。
  アンケート結果
1.参加者の状況
(1)年代
□20代 1 名 □30代 2 名  □40代 4 名  □50代 3 名
□60代 7 名 □70代以上 3名

(2)性別  
□男性 9名   □女性 9名

(3)職場
□介護(高齢者)福祉関係   9名  □障がい福祉関係       2名 
□社会福祉協議会      1名   □成年後見センター     3名
□民生児童委員       1名
□その他   6名(行政書士・不動産業、主婦)
20191003_152944.jpg
(4)保有資格
□社会福祉士   5名  □介護福祉士 7名 □司法書士  1名
□介護支援専門員 3名
□その他  5 名(相談支援支援専門員・宅地建物取引士、FP、福祉用具、PSW)

2.第1回成年後見学習会について該当する数字に〇をつけてください。
@学習会の内容について
4:大変満足     7名
3:やや満足     11名
2:やや不満足     
1:不満足 
            
A学習会のグループワークについて
4:大変満足      9名
3:やや満足      9名
2:やや不満足      
1:不満足
20191003_152939.jpg
3.成年後見学習会の感想(自由記述)
・いろいろな職場の方と交流がもてて勉強になりました。
・後見人をされている方の実際の話を聞くことができ、とても勉強になりました。
・グループに実際後見人をしている人がいて、いろいろな事例を聞きながらグループワークに生かし勉強になりました。
・経験者の方がいてとてもよかったです。
・メンバーの中に専門職の方がいるので、経験・知識を持って話して頂けたのが勉強になった。
・成年後見制度について少し勉強になりました。
・成年後見の申し立てまでの流れ・心情をつかむことができました。
・色々な方の意見が聞けた。
・グループワークで意見が聞けたことも知識となりよかったです。
・市民後見人の方からの事例が聞けて大変勉強になりました。
・意識の高い人と意見交換できたのが良かった。
・経験者がほとんど(全く素人が一人)で具体的事例の話が聞けて良かった。
・アバウトな感じでフリートークできて色々な意見が聞けました・
・色々な話が聞けて勉強になりました。
・申立人はとても大変!と実感しました。後見センターに頼りすぎてしまっているところもあるので、私としてもある程度のことは対応できるようにしたい。
20191003_153007.jpg
4.その他
・知らない事を沢山教えてもらえて良かった。
・とても勉強になる学習会でした。
・最初に短い時間で基礎知識の確認をして頂いてありがたいです。
・申立手続きDVDがみたいかな。
・後見制度のデメリットも正しく知りたい。
・テーマの討議時間をもう少し長くとり、深堀し(テーマは1つとして)発表後、更にそれを基に再討議もお
 もしろいかと

以上のような、貴重なご意見をいただきました。第1回より準備時間があると思いますので、期待に応えられるよう、企画・運営したいと思います。第3弾となる第2回成年後見学習会は、令和元年12月2日(月)13時30分受付開始。14時から16時までを予定しています。会場は、豊川商工会議所1階 
第1、第2会議室です。(先に配布したチラシには、会場の間違えがありました。1階です。よろしくお願いします。)修正バージョンを貼り付けておきます。
SnapCrab_NoName_2019-10-4_15-48-43_No-00.png

posted by 事務局長 at 15:55| Comment(0) | 日記

2019年09月27日

後見フォーラムを開催しました。

 令和元年8月31日(土)豊川商工会議所2階ホールで、平成31年度 豊川市市民協働推進事業 補助金事業として2回目の採択となりました「権利擁護支援(成年後見制度)の普及・啓発と多職種連携によるネットワーク構築事業」を社会福祉法人 美竹会 ケアハウスみそのさんと協働し、一般市民が成年後見制度についての理解が深まるためのフォーラムを企画開催しました。
 第1部は、行政書士さんの劇団コスモス愛知による、「成年後見制度」と「任意後見制度」についての劇を鑑賞し、P1010093.JPG第2部では、司法書士の吉川豊氏による、「成年後見制度の活用のいろは」と題した講演会を実施しました。P1010110.JPG参加者は59名、アンケートの回収は49名となりました。今回は、アンケート結果の全てと劇の様子、講演会の様子の写真を交えて公開します。

アンケート結果
(1) あなた自身について(いずれか1つを選択してチェックしてください)
質問項目 回  答
1 年代 □20代    3名  □30代    7名  □40代    9名
□50代    8名  □60代   17名 □70代以上  5名
2 性別   □男性    18名  □女性    27名
3 職場 □介護(高齢者)福祉関係  17名 □障がい福祉関係
□医療関係         3名 □行政機関関係 
□社会福祉協議会      4名 □成年後見センター  7名
□無職           2名
□その他   15名
(民生児童委員、PSW、市民後見人 きずなの会 保険代理店)
4 保有資格 □弁護士  □社会福祉士 11名  □介護福祉士 9名 □司法書士 3名
□行政書士 3名 □医師  □看護師 4名 □介護支援専門員 15名
□社会保険労務士  □その他  5名
 ※4は複数チェックされても構いません。
(2)該当する数字に〇をつけてください。
@劇団コスモスあいちの「成年後見制度」と「任意後見制度」の劇

4:大変満足 26名 3:やや満足 17名
2:やや不満足 1名 1:不満足  0名    見ていない 1名

  A成年後見制度の活用のいろは 吉川豊氏(司法書士)
4:大変満足 32名 3:やや満足 12名  
2:やや不満足 2名 1:不満足   0名
(3)フォーラムのご感想(自由記述)
*民生委員で過去2回講習を受けたが、今いちだったが、今回が一番役に立った。わかりやすかった。
*コスモスの方は衣装にも力をいれていただけるともっとすばらしくなると思いました。
*「法定後見」でも「任意後見」でも適切な役割を伝える受け手の確保・育成が必須だと思われました。
*とっても判りやすく良かったです。
*成年後見制度の考え方、利用の仕方が理解出来、大変良かった。
*ありがとうございました。
*とても分かりやすい劇と講演で復習ができました。
*自分事とする住民がもっと増えるとさらに良いと思いました。継続して周知していかないといけないと感じています。
*やはり理解するのはなかなかむつかしい!最後の話、支援の輪を広げる、関係団体お互いに助け合うができると制度としてはすばらしい・・・。しかし、私はできれば使いたくないかな?
*法定後見と任意後見の違いやメリットがよくわかりました。今後、成年後見制度を利用される方が増えると思われ、勉強したいと思います。
*とても役立ちました。ありがとうございました。
*コスモスのコントはイントロとしては、わかりやすくとても良かったです。
P1010105.JPG
*吉川さんの話では、法定後見の申し立てをして、司法書士さんへ法定後見をおねがいするには・・・めんどうなこと以上に決断には向かえないように思いました。
*構成がとても良く大変分かり易かったです。劇は素晴らしかったです。
*分かりやすさを重点に企画した感じでgoodです。
*集客の仕方を再考し、満席となる努力を!
*吉川氏のお話が、とても理論的で分かりやすいと思いました。ありがとうございました。
*成年後見制度の周知の為にも、今後、このようなフォーラムの開催を定期的に行なっていただくことを望みます。
*後ろの席に座っていたが、開催された関係の方達と思うが、講義中に色々話をされていました。外に出て話す等の配慮をして欲しいと思いました。
*劇から講義につながる流れは理解し易かったと思います。制度の仕組み、説明のみでなく事例を説明していただいたのでイメージし易く感じました。*任意後見制度のメリットを確認できてよかったです。任意後見制度の詳細をもっと知りたいと思いました。わかりやすいお話をありがとうございました。
*とても分かりやすくて無知な私でも理解できたと思います。
*おひとりさまが増えていく中で知っておくべき制度だと思いました。
*介護保険制度と成年後見制度の両方を入りまぜて説明を聞き、非常にわかりやすい説明でした。今後仕事をしながら、より専門的な所へつないで相談できる体制を整えていく必要があると感じました。何度聞いても難しい成年後見制度の話が、今日はとても分かりやすく、理解できた気がします。後見人さんとも連携を図っていかないといけないと感じました。ありがとうございます。
P1010113.JPG
*わかり易く説明して下さり、参加させて頂けて良かったです。
*判断能力が低下した方の権利を守るために成年後見制度は必要だと思うが、正しく理解していないと、リスクもあると感じた。“契約”の場面が多くある世の中なので、一般市民の方にも地域のサロン等で周知していきたい。
*後見人につないだら“良し”ではなく、その後も、様々な人との連携をしていくことが必要と改めて思った。後見人の役割を専門職として正しく理解したい。
*ケアマネジャーです。今までにも何度か後見人制度の研修を受けていますが、実際、制度を利用されている利用者がないと、いまいち十分な理解ができていないように感じています。今回は、基本的な知識を復習する為に参加しました。わかりやすい内容でした。資料もわかりやすいです。
P1010114.JPG
*判断能力があるうちに任意後見契約を家族が結びたいと考えていても、本人にその必要性を理解してもらう事が難しい場合、相談を受けたケアマネはどう対処すべきでしょうか?本人以外の親族が後見人でなくても契約を結ぶ(介護サービス)事、実際にはしているように感じるのですが。豊川市の実情も知りたいです。

(5)その他、ご意見等がありましたら自由にお書きください。(自由記述)
*成年後見学習会への参加未定について→まだ仕事をしている関係で、平日の参加は参加したくても無理です。
*市民後見人養成講座の実施を行政へpushを!
*申請の際にかかる費用等、直接、利用する方が負担する内容を知りたいと思いました。後見人制度について、理解できた事が多かったです。
*後見人が決まって、今まであったつながり(近隣の見守り、家族とのつながり)がなくなってしまうこともあるのかな・・・・と思うと、多くの人に正しく制度を理解してほしい。
*私も“迷惑をかけないように”と思って生活しているが、自分で何でも解決し、一人で考えると周りにも伝わらず、迷惑をかけるのだと感じました。
*生活保護の方で本人の判断力が低下したが、家族が疎遠で後見人の申し立てをしないが、市町村長も申し立てして頂けない時、どうすべきか?
*劇の後見制度と任意後見はとてもわかりやすく演じてもいました。もう少し先のストーリーも演じて欲しかったと思います。成年後見制度を知らない人には理解しやすいと思った。いろいろなところで演じると良いと思う。
P1010094.JPG
*(チームプレーで)環境を整えていくことが後見業務ということを改めて考えていきたいと思った。後見人が法律行為をするもので、事実行為をするものではないということは認識していなかった。
P1010125.JPG

大変、好評だったと思います。この事業は、このあと、10月3日、12月2日に成年後見学習会を開催する予定でいます。
posted by 事務局長 at 16:43| Comment(0) | 日記